2012年11月07日

次はヘビの年

チャコ、6歳、女の子。
ワンピースとサンダルとしましまが好き。
夢は探偵かデカになること。
おじいちゃんは発明家で大学のえらい先生。
クイズダービーのレギュラー出演の依頼を
断ったことがあるそうです。
「ほれ、チャコ、できた」
それはおじいちゃんがつくった
チャコの相棒でした。
「わーい、ヘビ型ロボットだ。
 さっそく事件現場へ急行!」
「やだ。おれ、草食系インドア派。
 …わ、何する、こら、やめろ、
 とぐろを巻いてだらだらしたいんだよう」
そしてチャコは相棒をぐるぐると首に巻いて
駆け足で出かけていきました、とさ。つづく。
hepi1-2.jpg
hepi3-2.jpg
引越しました。
緑が多くて気持ちの良い場所だけど
夜はちょっとこわい。
このヘビは
にもとさんがつくってくれた防犯ブザーです。
ベロをひっぱると、大きな声で叫びます。
posted by ganmo at 00:00 | 革の小物 

2012年10月20日

鼻歌は川口浩探検隊

小さい頃の夢は
迷子になること。
何度も挑戦したけれど
うまくいきませんでした。
迷子になれば、
いつの間にかそこはジャングル帝国、
日本語ペラペラのライオンに命を助けられ、
穴に落ちて地球の裏側へ、
砂漠でさまよっていたら、
ロプロスにのったバビル2世が現れた!
ってなことになると思っていました。
peru-nokaban33.jpg
毎日、朝、森の公園で遊びます。
このかばんには
秘密のポケットをつくりました。
宝の地図を入れるためです。
posted by ganmo at 00:00 | 革の小物 

2012年04月05日

しましま派?水玉派?

もう着なくなった
革のアップリケのセーターと
革のスカートで
おっきなかばんをつくろうと思います。
uma.jpg
よく近所の動物園を散歩します。
きゅーはシマウマが好きです。
トラはもっと好きです。
でもヒョウはそれほどじゃない。
posted by ganmo at 00:00 | 革の小物 

2012年03月03日

昼メロ「メロンと蟹カマの恋」

メロンの令嬢は
蟹カマボコの苦学生と恋に落ちました。
ところが父親は大反対。
「認めん。うちは代々生鮮の家柄だ。
 蟹カマなど蟹ではない。
 いっそのことメロンパンになってしまえ!」
かけおちしたふたりは
事故にあったり記憶をなくしたり
シャーベットの器として働いたり
お昼のテレビドラマのような
メロンメロンな展開を経るのですが
最後には
ふたりいっしょにかばんとなって
幸せに暮らしました、とさ。
meronkanikama2.jpg
これは少し前につくったかばん。
まるいポケットはティッシュ入れで
しゅぽしゅぽと取り出すことができます。
春ですね。
花粉で鼻がじゅるじゅるです。
posted by ganmo at 00:00 | 革の小物 

2012年01月10日

指を鳴らせば犬と話すことができる

今日は寒いので
タンスから手袋を出しました。
tebukuro.jpg
ずっと前につくった鹿革の手袋。
左手をにもとさんが、右手を私が縫いました。
よーく見ると
左手のほうが縫い目がおおらかです。
この手袋の特技はじゃんけん。
どんな強敵も次々とやっつける。
でも指相撲は苦手なのよ。

posted by ganmo at 00:00 | 革の小物 

2011年10月04日

カードにはヤシ蜜をたっぷりと

にもとさんのお財布2代目が完成。
太い麻糸でごりごり縫いました。
使い込んで熟すのが楽しみです。
ゾウのモデルはスリランカのロマニカさんです。
romanika-mae1.jpg
romanika-ura1.jpg
romanika-naka.jpg
ちゃんとカードも出し入れしやすいのですよ。
そういえば、スリランカのヨーグルトは
カードという名前でした。
カンダラマ周辺でつくっているカードは
薫製の香りがしてとてもおいしかったです。
romanika-atama.jpg
↑こちらがロマニカさん。
頭のてっぺんです。毛がふさふさ。
上でくつろいでいるのは
タコのうーちゅーさんです。
posted by ganmo at 00:00 | 革の小物 

2011年09月17日

キリギリスのお財布に穴

はじめて革細工でつくったのは
にもとさんのお財布です。
もう10年ほど
ずっと大切に使ってくれているのですが
ずいぶんくたくたです。
osaihu2002-2.jpg
お道具箱を探したら
スリランカで会ったロマニカさんのような
雰囲気の革がありました。
よし、これで新しいお財布をつくる、ぞう。
oasaihu2011-2.jpg
posted by ganmo at 00:00 | 革の小物